このサイトは御客様とインタビュー形式でヒロのアコースティックギターに対する思いを伝えたいコーナーです。少々長いですが呼んで見て下さい。この中から何か一つでも御客様のギター・ライフへプラスになることが有りましたら、大変幸せです。

Q1
よいギターとはどんなギターの事を云うのですか?

A1
「よい」と云う判断基準はひとり、ひとりのプレーヤーで異なる筈です。例えば、経験の浅い初心者と訓練された熟練者とでは全く異なると思います。求めるレベルが違うと言っても良いでしょう。また、音楽には色々なジャンルがあります。各々のジャンルにより適応した音もある筈です。「より適応した音」がよい音とも言えます。そして最終的には「好き嫌い」も音選びには重要なファクターです。ですから、一概に、これが「よいギターです!」とは言えないものなのです

Q2
それではヒロさんが思う「よいギター」とはどう云うギターを指すのですか?

A2

最近、「よいギターとは?」の質問を受けた時に、逆に御客様へ問い返します。「よいギターとはよい音のするギターという意ですか?」と。答えは大概「はい」です。 次に、「では、よい音のするギターという意味での「よい」とはどう云う事でか?」と問います。決して意地悪で質問している訳では無いのですが、御客様にとっては大変難しい問いの様です。「よい」と云う形容詞は、音や音を出す道具としての楽器の能力を表す時、気軽に使うのですが、非常に曖昧です。要は、各人に「都合のよい事柄」が満たされる事が「よい」という言葉に集約されて いる様に思われます。例えば、オールドギターでは生まれ年が同じ物、お気に入りのプレーヤーが使っているのと同じ物、自分の予算内に納さまる物、材質はハカランダがベストだから、等々です。勿論、個人の嗜好ですから、何ら文句の付けようも無いのですが、「音を出す道具としての楽器(ギター)」を選ぶ場合、違う様に思います。例えば次の様な質問をしましょう。此れ等はギターの能力として、と云う意味です。

(1)
大きな音が出るギターと小さな音しか出ないギターとでは、どちらがいいですか?

(2)
こもった暗い音と澄んだ明るい音とでは、どちらがいいですか?

(3)
濁った音と濁らない音とでは、どちらがいいですか?

(4)
よく響くのと響かないのとでは、どちらがいいですか?

(5)
音が伸びる(サスティーン)のと伸びないとでは、どちらがいいですか?

(6)
音の立ち上がりがよく、減衰音がなだらかなのと、立ち上がりが悪く、音が詰まってしまうのとでは、どちらがいいですか?

(7)
低音ばかり、或いは高音ばかりが強調され、所謂、バランスが悪いのと、各絃が均等に鳴る、所謂、バランスがいいのとでは、どちらがいいですか?

(8)
絃高が低いのと、高いのでは、どちらがいいですか?。

Q3
答えは明白だと思うのですが、、、、凄くシンプルですね。もう少し具体的に(1)〜(8)までの質問に含まれている意味を言っていただきたいのですが。

A3
(1)〜(7)は音に関する事です。此れ等の要件を満たす言葉としては「レスポンス(反応)が良い」と云う表現が適切かと思います。また、此れ等の要件を満たすギターがヒロの思う「いいギター」と言えます。ギターを弾くと云う事は「筋肉運動をする」と云う事です。無駄に力まず、肩の力を抜き、スムーズな動きが出来る事が肝要です。反応の鈍い(音が出難い)ギターを使うと、大きい音を出そうとして無理な力を入れ、右手の動き堅くなります。右手が堅くなると同時に左手も堅くなります。(8)の答えともなるのですが、絃高が低ければ低い程、絃を押える事は楽になります。つまり、力まずに済みます。左手が力めば右手も堅くなります。ギター演奏上に於いても、スムーズな演奏に支障が出ると言えます。つまり、「反応の良いギター」と「弾き易いギター」は例えれば「車の両輪です」。どちらも大切な事です

Q4
良く判りました。でも、ヒロさんがおっしゃる「いいギター」はオール・マイティー(万能)なのですか?

A4
ギター音楽には多くのジャンルが有り、ソロ、伴奏そしてバンド演奏が有り、各々により適応した音が求められると言えます。ですから、万能では有りませんが、ある程度はプレーヤーの能力次第というか、所謂、テクニックでサスティーンの制御、消音でカバーし、適応させる事も可能かと思います。

Q5
それは各ジャンルが求める音とか演奏形態とかを考慮すると、数多くの楽器が要るという事ですか?

A5
そうとも言えるし、そうでは無いとも言えます。一つ言える事は「貴方はどうしたいの?」と云う事です。数多く揃えたいと思えば、そうすればいい。でも、凄い出費です。それが無理であれば、自由になる事です。音楽はあくまでもその人が思う様にやればいいのです。只、無原則という訳には行かない。西洋音楽をする限りは、ルールというか制約があります。譜面に表れる譜割、拍子です。簡単に言えば、リズムがしっかりとしていれば善しとしますが、生易しい物ではありません。訓練が必要です。それと、譜面上のおたまじゃくしには音の長さしか表していません。おたまじゃくしには色が在ると思った方が面白いと思いませんか?それが色々な楽器が持つ音質、音色だろうと思います。これを考慮しない限り、音楽、楽器の進歩なんてあり得ない事です。

Q6
ジャンルの求める音に関しての事ですが、もう少し説明して下さい。

A6
この問題は多くのプレーヤーにとっても、非常に難しい事柄であると言えます。各ジャンルには多くのスター・プレーヤー、所謂、レジェンドと呼ばれるプレーヤーがいます。そして、その音源が存在し続けています。此れ等の音源はファンにとってはバイブルの様な物ですので容易に覆す事は出来ませんし、する必要も無いのかも知れません。彼等はその時代ではマーチンやギブソンを使っていました。ですから、オールド・マーチンやオールド・ギブソンが一番良いとしてしまいます。でも、それを全てよしでも無いと思います。オールド・マーチンはオールド・マーチンの良さが有り、オールド・ギブソンはオールド・ギブソンの良さが有ります。何れが正しいとか、何が一番良いとかでは無く。要は、プレーヤーが楽曲をどんな音で、或いはどの様に弾きたいのかという事だろうと思います。レジェンド達のコピーで満足するも善し、違う解釈でプレーヤー個人の演奏をするのも善しです。音楽は自由です。フィルターを被せずに、自分なら「こうする」「こうしたい」と思って練習する事が大切です。そうすると、新しい何かが生まれるかもしれない。それも楽しい事です。それを御手伝いする事がヒロの仕事だと思います。

Q7
何時でも、ヒロへ行けば「弾き易く、良く反応するギター」を試す事が出来るのですか?

A7
やっとの事で、フィールズ・ギターを2本用意出来ました。D-SCと000typeです。D-SCはインディアン・ローズ、 そして000はメープルです。一度、お試し下さい。
 

Q8
今、弾いていいですか?

A8
ご遠慮なく、どうぞ。
 

Q9
「えっ〜、なに〜これっ〜!!」 全てのフレットでバランスよく、しかも物凄い音量、響きそしてサスティーン。それに何よりも弾き易い。そして、木の持つ優しさに満ちた音色で、粒立ちがハッキリした美しい音ですね。

A9
ありがとうございます。ソロ・ギターに要求される条件を全て満たしていると思います。6絃のEから、全ての絃のフレットで、即ち、例えば20フレット迄とすると120の音が明瞭に、そして力まずに弾いても出る事が肝要かと思います。
 

Q10
14thフレットより上の音が何の抵抗もなく、ス〜っと出ますね。と、云う事は断然、カッタウエー・モデルが有利ですね。カッタウエーは通常のギター(ノン・カッタウエー)と比べると、音が低下すると言われていますが?

A10
それは間違いです。全く問題ありません。20thフレットまで使えるギターがあれば、しかも20thフレットまでの音が「音の詰り」が無く、確実に出るのであれば、道具として有利であると言えます。今までのギターでは考えられなかった事が簡単に出来る様になったと言う事です。新たなチャレンジが出来ます。やっとギターと云う民族楽器から本当の意味の楽器になったと思います。
 

Q11
フィールズ・ギターは何時でも入手可能なのですか?

A11
年間10数本程度の製作しか出来ませんので、3年程度の御時間を頂く事になります。
 

Q12
3年ですか、、、長いですね

A12
申し訳ありません。よいギターを提供しようとすれば、御時間を下さいと申し上げるしかないです。ある御客様が言われた事なのですが、「3年間あれば、お金も貯められる、そしてギターに負けない様に練習する時間が与えられた。」まさに、ポジティブ思考です。ヒロもこれをセールス・トークに貰いました。
 

Q13
それもそうですね。ものも考え様ですね。でも、予約制と云う事ですね?

A13
そうです。
 

Q14
ギターの製作予約となると、かなりの手付金などが必要なのではないですか?

A14
御心配は要りません。申込金として\50,000.-をお預かりするだけです。要は、順番取りをする事です。ただし、キャンセルの場合は没収となります事は御了解下さい。預かり金の五万円は納品時に充当します。
 

Q15
一度、ヒロさんの工房に伺いたいのですが? そして、材料とかを見て、注文したいのですが、可能ですか?

A15
ウエルカムです。ヒロもこれからは工房の方にいる機会が増え、事務所へは週末位しか出られない可能性が大です。事前に連絡さえ頂ければ、いつでもOKです。
 

Q16
ところで、ナイロン絃・ギターも製作されるのですか?

A16
はい。ヒロの夢は「ギター・プレーヤーがスチール絃とかナイロン絃、特にクラシックとかの言葉に迷わされずに自由に双方のよい特性を利用し、表現の幅を拡げて行ってくれればいいな。]と云う事です。弾き易く、澄み切った中に潤いのある音に仕上がっています。凄くかっこ良いギターですよ。
 

Q17
また何か疑問があれば質問していいですか

A17
御遠慮なく、どうぞ。御電話でもE-mailでも、どちらでもウエルカムです。お客様から質問を受け、考え続けて、そこからより良いギターを造ってゆく為のヒントを得る場合が数多く有ります。有難い事ですね。